歯の黄ばみを落とすにはどのような方法が有効的なのか

自宅で簡単に落とす方法

歯の黄ばみを防ぐ方法には、ホワイトニング以外にもいろいろな対策があります。中には自宅で簡単にできる方法もあるのですが、その方法というのは、
・塩で歯を磨く
・食事をした直後に水で口をゆすぐ
・重曹でうがいをする
と言ったやり方です。ただし、この方法は有効的ではあるものの、すでに歯の黄ばみが発生してから時間が経過している場合や、色が濃いような場合、生まれつき黄色くなっている場合などは、落ちないことが多いでしょう。あくまで歯が黄色くなりやすい食事をしたときの対処法になっています。全て食事をしたすぐ後に行わないと、全く効果が出ない場合があります。

塩で歯を磨くというのは、江戸時代には日本で普通に行われていたことです。もちろんこの頃は歯ブラシがありませんので、指でこすっていたと言われています。また、茶渋を落とすのにも効果的だと言われています。口をゆすぐという方法は、最も簡単ですが以外に効果的です。もちろん食後すぐでなければ意味がありません。重曹でのうがいというのは、歯の黄ばみを防ぐだけではなく、虫歯の予防にも効果的だと言われているので、習慣にしてみてはいかがでしょうか。

歯磨き粉を使って落とす方法

ホワイトニング以外で歯の黄ばみを予防するためには、やはり歯磨き粉選びが重要になります。通常歯を白くするなどの宣伝を行っている歯磨き粉の場合には、研磨剤が使用されていることもあるでしょう。ホワイトニングを目的としている場合には、やはり研磨剤は欠かせないと言えるのですが、歯磨き粉は毎日使用する物です。そのため、研磨剤の使用はあまり適しているとは言えません。なぜならエナメル質を削ってしまうからです。

ホワイトニングのように、ときどき行うだけならまだよいのですが、毎日行う歯磨きの場合には、できる限り研磨剤不使用の種類、もしくは研磨剤の粒ができる限り小さな種類を選ぶべきでしょう。できれば歯を白くする成分だけではなく、歯に汚れが付着しにくくなるような成分を使用している歯磨き粉がおすすめです。例えばPEG-8・PVPやゼオライトなどを使用しているとよいでしょう。

参考になるページ:人によっては生まれつき歯が少し黄色くなっている場合がある