歯の黄ばみによって他人に悪い印象を与えてしまう

不潔だと思われてしまう

歯の黄ばみが目立つ状態だと、この人は不潔だと思われてしまうこともあるでしょう。実際には虫歯もなく、健康な歯だったとしても、黄色くなっていることで虫歯が多いと思われてしまうこともあれば、きちんと歯を磨いていないなど、不潔だというイメージが定着してしまうのです。そのため、仕事で人と接することが多い場合や、見た目を気にしやすい女性は、やはり歯を白くしておきたいと感じる人が多いと言えるでしょう。

では、歯が黄色くなっていると、本当に不潔なのでしょうか。もちろん歯をきちんと磨かない、虫歯が多いという理由で歯が黄色くなっている人も実際にはいます。しかし、歯の黄ばみが目立つ人の全てが不潔というわけではありません。長年行っている食事によって歯が黄色くなってしまうこともありますし、ある程度の年齢の人は黄色くなりやすいと言えるでしょう。よって歯の黄ばみが目立つからと言って、その人が不潔だと決めつけるのはよくありません。

ヘビースモーカーだと思われてしまう

歯の黄ばみの原因はいろいろとあるのですが、特に日本人の男性の場合、タバコの吸い過ぎというのが原因の1つになっているのです。最近はタバコを吸わない、もしくは止めてしまったという人も増えてきましたが、高度成長期やバブル期などは、男性の多くがタバコを吸っていました。そのため、現在でも歯が黄色くなっている人を見ると、この人はヘビースモーカーだと思われてしまうこともあるでしょう。

男性同士ならあまり気にしない人も多いでしょうが、女性は気にする人もたくさんいます。特に近年はグローバル化で外国の企業と取引をする機会も増えているのですが、やはり外国では国によってタバコを嫌う人が多い場合もあるでしょう。しかもタバコは体に悪いので、やはり止めてしまうのが1番よいと言えます。女性の歯が黄色くなっている場合にも、この人はタバコを吸うと思われることもあるでしょう。女性の場合には、タバコを吸うとイメージが悪くなるケースもあります。

参考:歯の黄ばみの原因を特定することから始める