歯の黄ばみの原因を特定することから始める

食べ物や飲み物の影響

歯の黄ばみの原因としては、食べ物や飲み物と関係している場合もあります。長年使っている湯飲みや茶わんなどは、洗っても色が落ちなくなることがあるでしょう。これと同じようなことが歯でも起こっているのです。では、どのような食べ物や飲み物が、歯の黄ばみの原因となっているのでしょうか。それは
・コーヒー
・紅茶
・赤ワイン
・ウーロン茶
・ココア
・チョコレート
・ブルーベリー
・トマト
・ブドウ
・ホウレンソウ
・カレー
・焼肉
などが当てはまります。他にもいろいろな食べ物や飲み物によって、歯が黄色くなってしまうこともあるので注意しましょう。これらの食べ物や飲み物を飲食した場合には、できるだけすぐに歯を磨くべきです。

体によい食べ物や飲み物ばかりなので、無理をして控える必要はありません。もちろん食べ過ぎは歯の黄ばみの原因となるだけではなく、栄養バランスの乱れにもなってしまうので気を付けましょう。これらの物を飲食すると、どうしても歯が黄ばむので嫌だという人は、ホワイトニングをする前に食べたり飲んだりすれば問題ありません。

喫煙や虫歯も黄ばみの原因となる

食べ物や飲み物以外にも、歯の黄ばみの原因となる場合があります。それは虫歯が関係している場合と、喫煙が関係している場合があります。なぜ虫歯になると歯の黄ばみの原因になるのかというと、虫歯になると患部が黒く変色するからです。虫歯の場所だけが変色するのではなく、周りも少しずつ色が変わってくるので、きちんと虫歯を治療しても、若干色が残ってしまうことがあります。ちなみに金属製の被せ物が原因で色が変わる場合もあります。

このように虫歯や被せ物の場合には、ある程度仕方がない面もあるでしょう。しかし、喫煙も歯の黄ばみの原因になるのです。タバコは百害あって一利なしであり、最も歯の色が変わりやすいと言っても過言ではありません。しかも歯だけではなく、体にも悪いですし、周りの人にも迷惑をかけます。タバコは絶対に止めるべきでしょう。タバコの場合にはヤニが歯に付着するので、初期の頃であればきれいにすることも可能です。

年齢も原因の1つ

歯の黄ばみというのは、ある程度予防することも可能なのですが、どうしても予防できない面もあります。それは加齢なのですが、実は加齢も歯の黄ばみの原因になっているのです。加齢は絶対に止められませんので、やはり歯科医院に行ってホワイトニングなどを行うしかありません。なぜ年を重ねると、歯が黄色くなってしまうのでしょうか。

それは象牙質とエナメル質が関係しています。エナメル質というのは、歯の表面の白い部分になります。象牙質というのは、エナメル質の内側にある部分のことです。年を取ると表面のエナメル質が削られていきます。原因は加齢による衰えだけではなく、歯ぎしりや物を食べるときなどに擦れることも原因の1つでしょう。そうすることで象牙質が透けて見えてしまい、変色しやすくなってしまうのです。

関連:歯の黄ばみを落とすにはどのような方法が有効的なのか